沿革
昭和
9年
  社長上野修三、大阪市北区堂島にて溶剤工業薬品卸売業を開業。
昭和
15年
  合資会社東商会を吸収合併の上、上野化学工業株式会社を設立。
昭和
22年
  写真製版用湿板主材コロジオンの製造・販売を開始、写真製版分野に展開。
昭和
23年
  上野紀三男、代表取締役社長に就任。
昭和
35年
  本社第3工場を建設、写真製版機械の製造に着手。
  名古屋営業所を名古屋市千種区に開設。
昭和
36年
  ケミカルエッチング用感光液コンジストを発売、精密加工分野に展開。
昭和
39年
  大阪府守口市に写真製版用機械工場を建設。
  京都営業所を京都市右京区に開設。
昭和
41年
  大阪府枚方市工場が完成、工場統合後創業開始。
昭和
43年
  東京営業所を東京都墨田区に開設。
昭和
49年
  ノークロム平凹版感光液ユニレジストを発売。
昭和
55年
  フィルム修正液ライトカットを発売。
昭和
59年
  捺染用感光液ユニコートを発売、染色分野に展開。
昭和
62年
  旧本社倉庫後地に商品配送センター完成。
昭和
63年
  本社新社屋として新大阪上野東洋ビル完成。
  販売部門を分離独立し、ウエノ株式会社を設立。
  代表取締役社長に上野耕治就任。
平成
2年
  京都営業所新社屋が完成。
平成
5年
  東京営業所新社屋が完成。
平成
6年
  DTPオープンシステムのインテグレーション・販売を開始。
平成
9年
  本社にソリューションセンターを開設。
平成
10年
  各種印刷用薬品の製造・販売を展開。
平成
11年
  AcrobatプラグインソフトQbox・QI+を発売。
平成
13年
  上野化学工業株式会社がISO9001を取得。
平成
15年
  ウエノ株式会社が株式会社吉弘サプライを設立し、株式会社吉弘商会の営業を継承。
平成
18年
  ウエノ株式会社が株式会社吉弘サプライを吸収合併。
平成
19年
  UVインキ専用洗浄剤がFOGRA(ドイツ印刷関連団体認証機関)の認証を取得。
  名古屋営業所新社屋が完成。

©2017 UENO Corporation.All Rights Reserved